11
6月

第21号【第27回研究会のお知らせ】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第21号(2011年6月11日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
〈同時代史学会・第27回研究会のお知らせ〉
東日本大震災のために延期されていた第27回研究会は、下記の通り、7月2日に
行う事に決定致しました。
■共通テーマ:スポーツと政治
〈報告〉
石坂 友司 氏(関東学園大学・准教授)
 「東京オリンピックと高度成長の時代──スポーツ界・国家の再編」
乗松 優 氏(九州大学大学院比較社会文化学府 博士課程)
 「ボクシングと愛国社
  ――田辺宗英・野口進はいかにして日本とフィリピンを結びつけたか」
〈コメント〉
坂上 康博 氏(一橋大学)
高岡 裕之 氏(関西学院大学)
日時:2011年7月2日(土)14:00~18:00
場所:立教大学池袋キャンパス14号館D301教室
   http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
   http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campus.html
参加費:無料
会員外の方にもお声をおかけ下さい
連絡先:〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
    東京学芸大学人文社会科学系 及川英二郎研究室
    E-mail: egikawa★u-gakugei.ac.jp
    Fax: 042-329-7294
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/mailnews/
 に転載されます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    長谷川亮一
===================================

23
2月

第20号【第27回研究会】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第20号(2011年2月23日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
〈同時代史学会・第27回研究会〉
統一テーマ:スポーツと政治
〈報告〉
 石坂友司氏(関東学園大学 講師)
 「東京オリンピックと高度成長の時代――スポーツ界・国家の再編」
 乗松優氏(九州大学大学院 比較社会文化学府 博士課程)
 「ボクシングと愛国社――田辺宗英・野口進は
              いかにして日本とフィリピンを結びつけたか」
〈コメント〉
 坂上康博氏(一橋大学)
 安達宏昭氏(東北大学)
日時:2011年3月12日(土曜日)14:00~18:00
場所:立教大学池袋キャンパス12号館地下第1・2会議室
   http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
   http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campus.html
参加費:無料
会員外の方にもお声をおかけ下さい
連絡先:〒186-8601 東京都国立市中2-1
    一橋大学社会学研究科 吉田裕研究室
    E-mail: cs00611★srv.cc.hit-u.ac.jp
    Fax:042-580-8907
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/mailnews/
 に転載されます。
※本号より長谷川がメールマガジン担当理事となりました。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    長谷川亮一
===================================

1
12月

第19号【2010年度大会「転形期――1968年以後」のご案内】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第19号(2010年12月1日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
【重要】サイト移転のお知らせ
 Infoseek isweb ライトが2010年10月末をもってサービスを停止したため、
同時代史学会公式サイトを Yahoo! ジオシティーズに移転しました。
 新しいURLは以下の通りです。
http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/
 突然のサイト移転で申し訳ありませんが、リンク・ブックマーク等をされて
いる方があれば、至急、訂正をお願いします。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■ 2010年度大会「転形期――1968年以後」のご案内
◆開催日と場所
2010年12月4日(土)、成城大学3号館第311号室
最寄駅:成城学園駅(小田急線)
※アクセスは以下を参照してください。
http://www.seijo.ac.jp/access/
◆プログラム
9:30 受付開始
午前の部(報告2、コメント1)
10:00 – 10:10 主旨説明
10:10 – 10:40 高橋順子氏(日本女子大学)
          「「復帰」前後における「沖縄学習」からみた沖縄認識
           の変容――日本教職員組合教育研究全国集会を中心
           に」
10:40 – 11:10 水溜真由美氏(北海道大学)
          「フェミニズムとアジア」
11:10 – 11:25 コメント: 加藤千香子氏(横浜国立大学)
11:25 – 12:00 質疑・討論
(報告30分、コメント15分)
総会
12:50 – 13:20
午後の部(2部構成、第一部:聞き書き、第二部:報告2、コメント1)
第一部 聞き書き
13:30 – 13:40 主旨説明
13:40 – 14:25 川満信一氏(元沖縄タイムス)
          「復帰と反復帰――それ以後(仮題)」
第二部 報告と討論
14:30 – 14:40 主旨説明
14:40 – 15:20 丹羽美之氏(東京大学)
          「テレビが見つめた戦後日本:
           1970年代のドキュメンタリー番組を中心に」
15:20 – 16:00 中北浩爾氏(立教大学)
          「市民参加と市場競争のあいだ
           ――日本型多元主義論の歴史的位相」
16:00 – 16:20 コメント1 古矢旬氏(東京大学)
16:20 – 16:40 コメント2 未定
16:40 – 17:30 質疑・討論
(報告40分、コメント20分)
※主旨、報告要旨についてはホームページを参照してください。
http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/annual_meetings/2010.html
※メールでのご案内の発送が遅れてしまったことをお詫びします。(長谷川)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/mailnews/
 に転載されます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    池田慎太郎
編集・管理 長谷川亮一
===================================

20
10月

第18号【サイト移転のお知らせ&第26回研究会】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第18号(2010年10月20日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
【重要】サイト移転のお知らせ
 Infoseek isweb ライトが2010年10月末をもってサービスを停止するため、
同時代史学会公式サイトを Yahoo! ジオシティーズに移転しました。
 新しいURLは以下の通りです。
http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/
 突然のサイト移転で申し訳ありませんが、リンク・ブックマーク等をされて
いる方があれば、至急、訂正をお願いします。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
〈同時代史学会・第26回研究会〉
■共通テーマ:在日朝鮮人の社会・文化運動
 http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/
〈報告〉
○ 和田圭弘氏(一橋大学大学院)
 「1960年代の在日朝鮮人朝鮮語文学圏と金石範」
   論文 「金石範の文学論について 一九六三年から一九七二年まで」
       (『言語社会』第3号、2009年)
○ 山本崇記氏(立命館大学非常勤講師)
 「高度成長期における在日朝鮮人と福祉運動
  ――都市下層社会の変容から考える」
   サイト http://www.arsvi.com/w/yt02.htm
   論文 「スラム地域における住民主体とキリスト者の戦略――
       京都市東九条を事例に」(『地域社会学会年報』第23号、
       2010年)など
〈コメント〉
○ 丸川哲史氏(明治大学)
   著作  『台湾における脱植民地化と祖国化』(明石書店、2007年)
       など多数
○ 外村大氏(東京大学)
   サイト http://www.sumquick.com/tonomura/
   著作  『在日朝鮮人社会の歴史学的研究』(緑蔭書房、2004年)
       など多数
日時:2010年11月13日(土)14:00~18:00
場所:立教大学12号館地下第3・4会議室
   http://www.rikkyo.ac.jp/access/pmap/ikebukuro.html
   http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campus.html
参加費:無料
会員外の方にもお声をおかけ下さい
連絡先:〒186-8601 東京都国立市中2-1
    一橋大学社会学研究科 吉田裕研究室
    E-mail: cs00611★srv.cc.hit-u.ac.jp
    Fax:042-580-8907
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://www.geocities.jp/doujidaisigakkai/mailnews/
 に転載されます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    池田慎太郎
編集・管理 長谷川亮一
===================================

14
6月

第17号【第25回研究会】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第17号(2010年6月14日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
<同時代史学会・第25回研究会>
■共通テーマ:戦後文学の精神史
 http://jachs.hp.infoseek.co.jp/
 2010年7月10日(土)13:00~17:00@立教大学12号館地下第1・2会議室
 7月の研究会は「戦後文学の精神史」というテーマで開催することになりま
した。同時代史学会の定例研究会で戦後文学をテーマとするのは初の試みで
す。そして久しぶりの3本報告となり、充実した研究会になることを期待して
います。みなさま多数のご参加を心よりお待ちしております。
【報告】
 ▼梶尾文武氏(日本学術振興会特別研究員)
 「1960年代における新右翼の形成と表象―大江健三郎から三島由紀夫へ」
   論文「三島由紀夫『鏡子の家』とその時代―戦争体験と戦後社会」
      (『文学』2008年3・4月号)など
 ▼金志映氏(東京大学大学院)
 「大岡昇平の戦後とアメリカ」
   論文「有吉佐和子の「アメリカ」―『亀遊の死』(戯曲『ふるあめりか
      に袖はぬらさじ』)を中心に」(『比較文学』51号、2008年)など
 ▼山本唯人氏(東京大空襲・戦災資料センター)
 「東京南部労働者サークルの文学世界―1950年代の都市空間と労働者文化」
   論文「サークルと労働者文化―油さし・いぶき・戸越」
      (『現代思想』2007年12月臨時増刊号)など
【コメント】
 ◆島村輝氏(フェリス女学院大学)
   http://www.ferris.ac.jp/letters/professor/pr-j8.html
   http://blog.livedoor.jp/insectshima/
 ◆矢崎彰氏(聖路加看護大学非常勤講師)
   論文「開高健とヴェトナム戦争―文学作品に描かれた戦争」
      (『年報・日本現代史』8号、2002年)など
 日時:2010年7月10日(土)13:00~17:00
 場所:立教大学12号館地下第1・2会議室
 http://univ.rikkyo.ac.jp/access/pmap/ikebukuro.html
 http://univ.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campus.html
 参加費:無料
 会員外の方にもお声をおかけ下さい
 連絡先:〒186-8601 東京都国立市中2-1
    一橋大学社会学研究科 吉田裕研究室
    E-mail: cs00611★srv.cc.hit-u.ac.jp
    Fax:042-580-8907
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
※第16号に訂正箇所があります。
 現代史サマーセミナーの2日目のスケジュールを以下の通り訂正します。
[誤]09:30(予定) 国立歴史民俗博物館 ガイダンスルーム集合
[正]09:30(予定) 国立歴史民俗博物館 大会議室集合
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://jachs.hp.infoseek.co.jp/mailnews/ に転載され
 ます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    池田慎太郎
編集・管理 長谷川亮一
===================================

30
5月

第16号【現代史サマーセミナーのご案内】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第16号(2010年 5月30日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■現代史サマーセミナーのご案内
今年もまた現代史サマーセミナーの季節がやってきました。今年は趣向を変
え、国立歴史民俗博物館に新設された第6展示室の見学と勉強会が中心となっ
ております。ふるってご参加ください。
※今回の現代史サマーセミナーは、現代史サマーセミナー事務局および同時代
 史学会研究会委員会の共催となります。
〔日時〕 2010年8月9日(月)、10日(火)
 *1日目は午後1時に国立歴史民俗博物館入口にお集まり下さい。解散は2日
  目の12時予定です。
<見学先>
●国立歴史民俗博物館
 〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
 TEL:043-486-0123(代表)
 ホームページ:http://www.rekihaku.ac.jp/
 ☆通常では月曜日は閉館となっておりますが、9日はサマーセミナーのた
  め、特別に開館して頂きます。
<懇親会>
 (未定、JR佐倉駅近辺を予定しております。)
<宿泊先>
●佐倉第一ホテル
 〒285-0817 千葉県佐倉市大崎台1-13-1(JR佐倉駅より徒歩2分)
 TEL:043-484-5000
 ホームページ:http://www.sakura-daiichihotel.com/
〔日程〕
◆1日目 国立歴史民俗博物館見学
 今年3月16日にオープンしました「第6展示室(現代)――戦争と平和・戦後
の生活革命――」と「第6展示室特集展示――アメリカに渡った日本人と戦争
の時代――」について、国立歴史民俗博物館の安田常雄氏、原山浩介氏から解
説を頂きながら見学していきます。
13:00  国立歴史民俗博物館入り口集合
13:10~ 第6展示室及び特集展示の見学
15:30~ 休憩
16:00~ 自由見学
17:00  見学終了。佐倉第一ホテルに宿泊される方は、一度ホテルに立ち寄
     りチェックインをして頂きます。
18:30~ 懇親会(JR佐倉駅付近)
     懇親会終了後、佐倉第一ホテルにて宿泊
【解説員紹介】
 ◎安田常雄氏(国立歴史民俗博物館副館長・研究総主幹、歴史研究系
        日本近現代思想史)
 ◎原山浩介氏(国立歴史民俗博物館助教、歴史研究系 日本現代史)
◆2日目 現代史展示に関する研究会
 1日目に見学した現代史展示に関して、兼清順子氏より簡単なご報告を頂
き、今後の現代史展示に関する議論を行います。
09:30(予定) 国立歴史民俗博物館 ガイダンスルーム集合
09:30~    現代史展示に関する問題提起【兼清順子氏】
10:00~    全体討論(途中休憩含む)
12:00(予定) 解散
【報告者紹介】
 ◎兼清順子氏(立命館大学国際平和ミュージアム)
  兼清順子「昭和20年の中学生展」『立命館平和研究』(立命館大学国際平
   和ミュージアム、2009年), pp. 99-103.
  榎英一・兼清順子「博物館学と平和学の融合の試み――新聞を教材とした
   授業実践紹介」『立命館平和研究』(立命館大学国際平和ミュージア
   ム、2010年), pp. 63-70.
〔交通案内〕
 1日目は国立歴史民俗博物館現地集合となりますので、ご注意ください。
(1) 京成佐倉駅からお越しの場合
 A) 京成佐倉駅南口より徒歩15分
 B) 南口1番乗場から、ちばグリーンバス(約5分)
  田町車庫行、京成臼井駅、志津駅行、四街道駅行のいずれかに乗車
「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車
(2) JR佐倉駅からお越しの場合
 北口1番乗場から、ちばグリーンバス(約15分)
 田町車庫行、または京成佐倉駅行に乗車
 「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車
 詳しくは、下記のURLから国立歴史民俗博物館ホームページの「交通案内」
をご覧ください。
http://www.rekihaku.ac.jp/access/index.html
〔宿泊費、資料代〕
 6,500円※
 ※2日目の朝にホテルで朝食をとる場合は、別途800円(合計で7,300円)を
  頂きます。
 (詳しくは下記の要領に従って事前に振込をお願い致します。)
懇親会費(予定)4,000円前後(懇親会時に集めさせて頂きます。)
 ☆1日目終了後に佐倉第一ホテルに宿泊されない場合は、資料代500円のみ見
  学時に集めさせて頂きます。予めご了承ください。
〔申込・支払方法〕
期限までに、下記の郵便貯金口座に参加費をお振込ください。
振込手数料は各自負担でお願いします。
申込の際には、電子メールまたは封書で以下の事項をお知らせください。
・お名前(フリガナ)
・所属
・研究主題(40字以内)
*以上の3事項は、1日目に配布する「参加者一覧」に掲載させて頂きます。
・電子メールアドレス
・郵便番号
・住所
・電話番号
・1日目の夜の懇親会
 ( 参加する / 参加しない )
・宿泊先に関して
 佐倉第一ホテルでの宿泊を ( 希望する / 希望しない )
・2日目の朝食に関して
 ホテルでの朝食を ( 申し込む / 申し込まない )
  ※ホテルでの朝食を申込まれる方は、参加費をお振込みになる際、6,500
   円ではなく7,300円となりますので、お間違いの無いようお願い致しま
   す。
■郵便貯金口座(記号)10000(番号)6856491(名義)吉田 裕〈ヨシダ ユタカ〉
■宛先 現代史サマーセミナー事務局
電子メールアドレス gendaisiss★yahoo.co.jp
郵便番号 186-8601
住所 東京都国立市中2-1 一橋大学大学院社会学研究科吉田裕研究室気付
ファクシミリ番号 042-580-8907
*お問い合わせは、電子メールまたはFAXでお願いします。
支払・申込期限  2010年6月30日(水)
期限までに支払・申込をお済ませください。
 宿舎の部屋の数に限りがあるので、定員になり次第、締め切らせて頂きます。
お問い合わせ
何かご不明の点、または特に必要とされることがありましたら、上記、現代史
サマーセミナー事務局までご連絡ください。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://jachs.hp.infoseek.co.jp/mailnews/ に転載され
 ます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    池田慎太郎
編集・管理 長谷川亮一
===================================

12
2月

第15号【第24回研究会】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第15号(2010年2月12日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■同時代史学会・第24回研究会
共通テーマ:高度成長と保守勢力
報告
 下村太一氏(北海道大学)
   「高度成長と田中角栄の政治指導
     ――佐藤内閣期の土地・住宅政策を中心として――」
  櫻澤誠氏(日本学術振興会特別研究員)
   「戦後沖縄における保革対立軸の確立
       ――佐藤首相訪沖から教公二法阻止闘争へ――」
コメント
 菊池信輝氏(都留文科大学)
 沼尻晃伸氏(埼玉大学)
日時:2010年3月13日(土曜日) 14:00~18:00
場所:立教大学12号館地下1階第3・4会議室
参加費:無料
会員外の方にもお声をおかけ下さい
連絡先:〒186-8601 東京都国立市中2-1
     一橋大学社会学部 吉田裕研究室
     E-mail: cs00611★srv.cc.hit-u.ac.jp
     Fax:042-580-8907
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://jachs.hp.infoseek.co.jp/mailnews/ に転載され
 ます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    池田慎太郎
編集・管理 長谷川亮一
===================================

19
11月

第14号【同時代史学会2009年度年次大会のお知らせ】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第14号(2009年11月19日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■同時代史学会2009年度年次大会のお知らせ
大会テーマ「六〇年代論の再構築」
午前の部 地域と冷戦
  池田慎太郎氏「朝鮮戦争・ベトナム戦争と“基地の街”岩国」
  相川陽一氏「べ平連運動における地域との出会い:
   『千葉べ平連』および『埼玉べ平連・浦和市民連合』を手がかりにして」
 コメンテーター
  豊下楢彦氏
午後の部 六〇年代論の再構築
  斎藤美奈子氏「青春文学と青春歌謡からみた60年代」
  土屋和代氏「越境する市民権運動
        ――川崎における日立裁判支援運動と黒人神学」
  平井一臣氏「60年代論再考 ―― 地域社会運動の視点から」
 コメンテーター
  井関正久氏
  油井大三郎氏
日時 2009年12月5日(土) 10:00 ~ 17:30 (9:30 受付開始)
   ※ 12:00~12:30 まで総会を開催します。ご参加ください。
   ※大会終了後、懇親会を予定しております。
資料代:500円
会場 :東京大学本郷キャンパス経済学研究科棟地下1番教室
    ※現在、旧学士会館分館付近が工事中のため、赤門総合研究棟から経
     済学研究科棟へ抜けることができません。懐徳門という新しい門か
     ら入っていただくか、赤門から入って建物を一回りするかどちらか
     になります。
最寄り駅:本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線、地下鉄大江戸線)
     東大前駅(地下鉄南北線)
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/fservice/address/map.j.htm
本郷キャンパスマップ(東京大学大学院経済学研究科・経済学部)
※同時代史学会のサイト上にて、最新情報、報告要旨を掲載しています。
http://jachs.hp.infoseek.co.jp/annual_meetings/2009.html
事務局 〒214-8580
    川崎市多摩区東三田2-1-1 専修大学経済学部永江雅和研究室
    電子メール nagae★isc.senshu-u.ac.jp
    電話 044-911-0564
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://jachs.hp.infoseek.co.jp/mailnews/ に転載され
 ます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    池田慎太郎
編集・管理 長谷川亮一
===================================

27
9月

第13号【第23回研究会】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第13号(2009年9月27日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■同時代史学会・第23回研究会
報告
 宋炳巻氏(韓国 国史編纂委員会 編史研究士)
  「敗戦直後日本の経済再建構想と植民地朝鮮の『喪失』」
コメント
  浅井良夫氏(成城大学)
日時:2009年10月24日(土曜日) 14:00~18:00
場所:立教大学池袋キャンパス 14号館4階 D401教室
参加費:無料
会員外の方にもお声をおかけ下さい
連絡先:〒186-8601 東京都国立市中2-1
    一橋大学社会学部 吉田裕研究室
    E-mail: cs00611★srv.cc.hit-u.ac.jp
    Fax:042-580-8907
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://jachs.hp.infoseek.co.jp/mailnews/ に転載され
 ます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    池田慎太郎
編集・管理 長谷川亮一
===================================

12
6月

第12号【第22回研究会】

===================================
          同時代史学会電子メールニュース
                    第12号(2009年6月12日)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■同時代史学会・第22回研究会
共通テーマ:ジェンダーとグローバリゼーション・軍事化
報告
 青山薫氏(京都大学文学研究科GCOE)
   「グローバル化を生きる
     ――女性の移住‘性’労働と人身取引禁止動向」
 秋林こずえ氏(立命館大学)
   「ジェンダーの視点から考える“戦後”
     ――沖縄からの声」
コメント
 佐藤文香氏(一橋大学)
 林博史氏(関東学院大学)
日時:2009年7月11日(土曜日) 14:00~18:00
場所:立教大学12号館第3・4会議室
参加費:無料
会員外の方にもお声をおかけ下さい
連絡先:〒186-8601 東京都国立市中2-1
    一橋大学社会学部 吉田裕研究室
    E-mail: cs00611★srv.cc.hit-u.ac.jp
    Fax:042-580-8907
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◆このメールマガジンは、同時代史学会会員の相互連絡を目的として、会員の
 みに送信されるものです。なお、メールアドレスは同時代史学会会員名簿に
 記載されたものを利用しています。ご了承下さい。
◆管理用のメールアドレスは doujidaisigakkai★yahoo.co.jp です。不明点な
 どがごさいましたら、このメールアドレスまでお願いします。
◆配信を必要とされない場合は、件名に「配信不要」とお書きの上、
 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 また、会員でメールの配信がされていない場合は、件名に「配信希望」とお
 書きの上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。
 ※管理は手動で行っています。
◆会員の投稿を募集しています。投稿される方は、件名に「投稿」等とお書き
 の上、 doujidaisigakkai★yahoo.co.jp までメールをお送り下さい。担当者
 が内容を確認した上で転載いたします。研究会等の案内にご活用下さい。
◆バックナンバーは http://jachs.hp.infoseek.co.jp/mailnews/ に転載され
 ます。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
担当    池田慎太郎
編集・管理 長谷川亮一
===================================